ランドローバーの中古車を購入するメリットとデメリットを紹介!


最大のメリットは過去の名車が安く手に入ること!

世界的に有名なSUVメーカーのランドローバーは、日本人のオーナーが多いことで知られています。そして、そんなオーナー達が下取りに出したランドローバーが中古車として市場に出回っているのです。ランドローバーは高級SUVメーカーであるだけに、新車を購入しようとするとかなり高額な費用がかかります。しかし、中古車の価格はそれほど高額ではなく、国産車同様かそれ以下の金額で市場に出回っています。このようにランドローバーの中古車における最大のメリットは、新車よりも安く購入出来ることではないでしょうか。しかし、近年発売されたモデルだと中古車でも200万円~300万円ほどします。ランドローバーの中古車を購入するのなら、もう少し古い過去の名車を狙ったほうが良いかもしれません。

走行距離数が多い中古車で溢れていることが難点

ランドローバーの中古車を購入する際にデメリットとなるのが走行距離です。ランドローバーの車は走り心地が良く頑丈に作られていることから、中古市場に出回っている車は使い込まれていることが多いのです。ゆえに走行距離も長くなってしまい、中古車として購入するのを躊躇ってしまう人がたくさんいます。ただし、走行距離が多いからと言って車の状態が悪いというわけではありません。きちんとメンテナンスをしている車であれば、走行距離が多くても問題なく乗り続けることが出来るはずです。ランドローバーの中古車を購入する際には走行距離だけではなくエンジンや足回りなど、車の状態をしっかりと見極める力が必要になるでしょう。

ランドローバーの中古車は古い車種が人気です。値段が高いのは愛好家が多いためです。見た目も懐かしいデザインとなっています。